メンズ

飲むだけで抜け毛や薄毛問題が治るプロペシア|aga治療の今

免疫疾患による脱毛

女性

女性に多く現れやすい薄毛の問題といえば、円形脱毛症が上げられます。主にストレスによって現れるとされている円形脱毛症ですが、一概にストレスのみが原因であるとは限りません。円形脱毛症を発症させる原因といえば、自己免疫疾患が挙げられます。髪を作り出す毛包を免疫が攻撃してしまうことで、髪が十分に成長する前に抜けてしまうのです。毛包が攻撃されると、髪を作る細胞も休止期に入ってしまうため、円形脱毛症を患うと長期間髪が生えなくなってしまうのです。初期の円形脱毛症であれば、豆粒程度の大きさであるため、髪の長い女性ならば、髪で隠すこともできます。しかし症状が進行すると、500円玉くらいの大きさにまで成長することがあるため、注意が必要となります。円形脱毛症が現れ初めた場合、すぐに皮膚科や専門のクリニックで治療を受けましょう。

クリニックでの円形脱毛症の治療は、治療前に必ずカウンセリングを行ないます。日頃の悩みやストレスの元を医師に相談することで、ストレスによる影響を緩和するのです。円形脱毛症はストレスが原因で起こるものではありませんが、ストレスが症状を誘発させることは十分に考えられます。強いストレスを抱えた状態は、交感神経が常に活発化することで体に大きな負担が生じてしまい、免疫機能にも大きな影響がもたらされます。ストレスとの直接の因果関係はないものの、ストレス改善によって免疫機能の正常化が図れるため、円形脱毛症の治療にも効果が現れるでしょう。女性向けのクリニックであれば、医師も全員女性なので、負担なくどのような相談でも行なうことができます。円形脱毛症の治療では、頭皮の炎症を抑えるステロイド剤や、抗アレルギー作用がある内服薬を使用して改善します。円形脱毛症は自分で治すことが難しい病であるため、症状が見られた場合はすみやかに専門のクリニックへ行くとよいでしょう。